勿忘の鐘(2)

画像


3月11日は、朝から鐘楼門の下に朝から焼香所を設け、通る人が自由に焼香できるようにしておきました。
さすがに小さな香炭では火種が1時間ぐらいしかもたないので、大きい香炉を用意して、火鉢に入れる大きな炭を入れておきました。
火起しに台十能、今時見かけない道具ですが、火起しがないと炭火はいこりませんし、台十能がないと熱いわ危険だわで、火が付いた炭は持ち運びができません。
これでも、1個で3時間ほどの火持ち、結局夕方までに3回炭を入れ替えました。ちらほらと、通りがかりに焼香される方が…。

午後2時46分、勿忘の鐘の第1打…余韻が響きます…遠く陸前高田の地でも、そして全国各地で、同じ時刻同じ志を持った大勢の方々が鐘を鳴らしている…そう思うと何とも不思議な気持ちになりました。決して一人ではない、震災を忘れないと願う心が響きあっている…仏教ではお互いに通じ合う気持ちを「感応道交」と言いますが、まさに、感応道交した瞬間でした。

この記事へのコメント

2015年07月20日 16:12
すごく感謝です(∩_∩)
かなり緊張してるから変になていたらすみません。

光勝寺のごえんさんさんのブログに出会えて本当に良かったです!

溜息ばかりの毎日で正直もう限界だしキツイ…と思ってたんですが足枷が少し軽くなった気がするんです(゜ー゜*)
視点は違うのが当たり前なのかもしれないんですけどそれでも全部違うわけではなくて似てる所もあって、なんていうか私は当たり前すぎることを忘れ過ぎてたのかもしれません(汗)

それで…一人で考えてばかりいると中々浮上のきっかけを得られないので、、

maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)

話聞いてもらえませんか?悩みを解決に導いて欲しいとかじゃなくて、聞いてもらえたらもとスッキリ出来そうな気がするんです( ´∀`)
お返事心待ちにしています!

この記事へのトラックバック