勿忘の鐘(わすれなのかね)

画像


この梵鐘は、東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた陸前高田市にある、本称寺といいうお寺のものです。本称寺は、海岸から二キロも離れたところに有ったのですが大津波にのまれ跡形もなく流されました。

画像


それから一年、瓦礫の下から見つかったのがこの梵鐘です。陸前高田の人たちは、「自分たちのことを忘れないでほしい」という願いを込めて「勿忘の鐘」と名付け、工事足場用の鉄パイプを組んだ仮鐘楼を作ってこの梵鐘を吊るし、震災一年後の3月11日午後2時46分に打ち鳴らしました。
翌年からは、趣旨に賛同した全国の寺院が梵鐘を鳴らし、お勤めを行うようになりました。

画像


光勝寺も昨年、梵鐘ができましたので、今年は参加したいと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック